韓国 ドラマ 眩しく て あらすじ。 まぶしくて ―私たちの輝く時間―(眩しくて) 11話・12話(最終回) あらすじと感想

コ・ミョンソク 演: ダンの叔父。

Next

時計の裏に刻まれたイニシャルを見て、彼女は気づくのでした。 遠い昔、ジュナとヘジャは一緒になったのだ… 場面は病院。

本当にその瞬間から全てが綺麗につながっていくんですが、もう鳥肌が止まらなくって、全てに涙が止まらなくって、見終わった瞬間自分の中で何かが変わってました。 気の置けない親友たちに励まされながら、心が折れそうな日々を送っていた。

Next

それを知らないヘジャは、プラハ・モーテルを訪ねますが、シャネルはチェックアウトしたと言われます。 [PR] 韓国の登場人物 ユン・ジュンピョン 演: セリの父親。 時間を戻すことができる時計を手に入れたヘジャのファンタジーロマンスって聞いたら、あ〜韓国ドラマにありがちな時間離脱系のやつな。

Next

ナム・ジュヒョクもまた「キム・ヘジャ先生、ハン・ジミン先輩と共にできて光栄でした」とし、「一緒に撮ったすべてのシーンが記憶に残っています。

若い時の私が歳取ってからの事を夢見たのか、老人の私が若い時の事を夢見たのか。 それを知ったヘジャはがっかりする。

Next

何故、父を庇いに出たヘジャが彼の母のフリをした時に、アン・ネサンが驚いたか。 ソンファは音痴という設定だが、チョン・ミド自身はミュージカルで受賞経験もある歌の実力の持ち主。 だがサンウンの都合で旅行は翌日に延期することに。

Next