日本 レコード 大賞。 日本レコード大賞

概要 に創設され 、1970年代から80年代にかけて、テレビにおける歌番組の隆盛と共に最盛期を迎えた。

Next

2歳、メンバーのの9歳はいずれも大賞受賞の最年少記録となり、前保持者・ 、(ともに)の記録である14歳を全員が下回った。

Next

作詞・プロデューサー:• そして、そのお中元にはA社長がレコ大でイチ押しする歌手の名前がシールで貼ってあるんです。 プロデューサー:、、髙宮望、時松隆吉• 若林朋子 ライター / 2013年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について. (第20回大賞受賞者)• このうち最高の賞である日本レコード大賞は「作曲,編曲,作詩を通じて芸術性,独創性,企画性が顕著であり,優れた歌唱によってその年度を強く反映したと認められた作品」に贈られる。

Next

- 公益社団法人 日本作曲家協会• 山下達郎「ARTISAN」• 第54回(2012年)は再びネットしたが、第55回(2013年)以降は自社制作枠の確保のため、再び放送されなくなった。 日本レコード大賞』(かがやく にほんレコードたいしょう)。 テレビでのネット局 系列で第47回(2005年)まで12月31日にネットして来た番組であるが、以前は が多く、JNN系列でも曜日によって他系列を同時ネットしている局も多くあった。

Next

2019年12月30日. からは最優秀歌唱賞が設けられその候補としての位置付けとなり、さらにまでは大賞の最有力候補としての位置付けでもあった(から第19回(1977年)までの3年間は大賞候補10組作品の中から歌唱賞5組作品が選出され、さらにその中から大賞と最優秀歌唱賞が決定された)。 当サイトの内容のご利用は、ご自身の責任においてご利用いただきますようお願い致します。

Next

制作協力:BMC• 美術メガシステム:庄子泰広• 7%を最後に20%台は一度もなし。

2019年12月11日閲覧。 「」 「新人賞」の中から最も優秀と認められた『歌手』に贈る。

Next

主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会 脚注 [編集 ] 外部リンク [編集 ]• 構成:、、森脇直樹、• 演出:樋江井彰敏• 『大賞』の選考は難航を極めているようです」(前出のスポーツ紙の芸能担当デスク) アーティストや楽曲の選考から票獲り合戦に至るまで、今年の『レコ大』は問題山積みのようだが、果たして無事開催となるのか?. 』が大ヒットし、誰もが大賞受賞間違いなしと思っていたが、フタを開けてみれば〝外国曲のカバーソングはNG〟という理由で、まさかの落選。 「矢切の渡し」は元々、のシングル「酒場川」(発売)のB面として発表された楽曲で、には、ちあきのA面シングルとして発売されている。

Next