という より むしろ 英語。 次の文章を、正確に英訳してください。英語というよりは、むしろ…

単に強調しているだけです。

「彼はエンジニアというより管理者なのだ」 書いている内容は基本的に自分への備忘録です。 また、熟語というのは動詞に限ったことでもありません。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。

彼女はケチというよりもむしろ倹約家なのだ。 Never minds your freckles. 82)。

Next

「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? ちょっと休んだ方がいいと思うんだけど。 be more of どちらかと言えば~である, むしろ~である 例文としては以下のようなものが考えられます。 次のサイトで翻訳いたしました。

Next

これが熟語です。 Noと言われたら、残念そうな顔をして If possible, can we have an ocean-view room? もしくは、無料で、英訳をやってくれるサイトを教えてくださってもよいです。 となります。

Next

Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 2• She is our teammate raher than our teacher. こんなのなら、単語の羅列のほうがよほど確実に通じます。 Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Perhaps, it is a better idea. (泊まらせてください)。 (家に帰るより、むしろここにいたい)• He is not so much clever as creative. (ネイティヴは後ろから訳したりしませんからね... (根本には比較と関係代名詞の両方でso asを習うために、イマイチas as(so as)の 正体がつかめていない、というのがあります。

Next

「It made me happy instead of mad! I would rather thank you. 英語にも、単語と単語が結びついて、本来とちょっと違った、特殊な 意味で使われる場合があります。 If anything, I'm a little tired. In this case, you can use むしろ. 「むしろ」の英語に当たる表現は「rather」か「actually」です。

Next