赤毛 の アン 最終 回。 『アンという名の少女』7話。ギルバートを怒らせてしまったアン、ギクシャクしたまま今夜最終回(驚くよ)(QJWeb クイック・ジャパン ウェブ)

第15話 「ピクニックに行こう!」 ある日、アンがお弁当を食べている側でミルドレッドたちが日曜日の教会のピクニックについて話し合っていました。 愛するマシュウの突然の死。 ラストシーンの台詞にも出てきたが、赤毛のアンが愛してやまないロバート・ブラウニングの詩は、きわめて短いながらも僕にとっても最も好きな詩の一つである。

けれどもギルバートから学校の教職を譲られ 二人は気持ちを確認し合います。 マシューのお墓にお参りをした帰り道、ギルバートと 偶然会ったアンが心からのお礼を伝え、やっと二人は 和解するのでした。

Next

一方、もう一人の下宿人は、アンを妹のようにかわいがってくれる。 そんなある日、美に憧れるアンはイメージチェンジを図るが…。 ここに残って先生になるの。

Next

お隣のリンド夫人、ダイアナと彼女の両親、クラスメート、そして何よりマシューとマリラはアンによって、人生観が大きく変わった。

Next

ただ、物語の中でグリーンゲーブルの一家は多額の借金の返済を迫られれているところで終わってしまい、この先一体どうなるのだろうというところで終わっている。

Next

関連記事 ・ ・ ・ ・. 花子が昭和10年から関わっていた雑誌「少女の友」の昭和15年2月号の名作画集で紹介されたもの。 彼女達は生涯を通じて、私の腹心の友となってくれました」 亜矢子「2人? 私も・・・」 蓮子、亜矢子を見て微笑む。

Next