金正恩 容態。 金正恩氏、重篤説は「インフォデミック」? 米韓がつかんだ実情は...: J

習近平氏に親近感をアピール 金氏の健康状態については、韓国情報機関の国家情報院が2016年7月、韓国国会で開かれた情報委員会の懸案報告で、体重が130キロと見られるとの分析を示していた。 まあ、今回は本当に生きているかどうかはさておいて、「彼が元気に生きている」と言う方向性でいくらしいです。

篠原常一郎氏と、上念司氏からの情報です。

祖父の故金日成主席の遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿を太陽節の4月15日に参拝するのがこれまで慣例だったが、金正恩氏は2012年4月に政権を掌握して以来続けてきた参拝が今年は確認されていない。

Next

きっとバチが当たったのでしょう。 決めつけは禁物ですが、明らかに情報の出方がおかしい。 続きは、本誌をお読みください。

Next

CNNは、金委員長が何らかの手術を受け、術後に「重大な危険に陥っている」と、アメリカ政府の高官の話として伝えているようです。

Next

「あれは影武者だ」 金正男暗殺事件は、発生から約2週間を経て、国際問題の様相を呈してきた。 国情院は金氏がストレスによる不眠症や暴飲暴食などで、糖尿病や高血圧、痛風、心臓病など生活習慣に起因する成人病にかかっている可能性を指摘していた。

Next