採石 業務 管理 者。 河川法・砂利採取法・採石法関係の手続きについて

試験実施日及び時間 令和元年10月11日 金曜日 午前10時から正午まで• 概要 [編集 ] 採石業務管理者はに基づき、業者の自主的災害防止能力の確保や、岩石の採取に伴う災害の防止に関する職務を行う。 採石業務管理者となるには、毎年10月頃に実施される試験に合格する必要があります。 なお、砂利採取法の対象となる砂利は、粒径がおおむね300ミリメートル以内で、丸みを帯びた形状の砂・砂利・玉石です。

採取場数は2,688件であり、前年比0. 申請者が法人にあっては、その業務を行う役員の氏名 2. 手続の概要 採石業者は、登録されている事項に変更があったときは、遅滞なく、知事に届け出る必要があります。 登録申請時の記載事項に変更があった場合、遅滞なく、登録した都道府県知事に登録事項変更届書を提出しなければなりません。 受験手続等 (1)申込用紙の配布期間及び配布場所 ア 配布期間 令和元年8月1日 木曜日 から同年9月2日 月曜日 までの間の日曜日、土曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。

Next

試験の詳細については、毎年8月上旬までには決定される予定ですので、お問い合わせ下さい。 各地方振興事務所の窓口 振興事務所の表 名称 電話番号 Fax番号 宮城県 大河原地方振興事務所 総務部 総務班 0224(53)3111 0224(53)3076 宮城県 仙台地方振興事務所 総務部 産業保安・労政班 022(275)9115 022(233)6624 宮城県 北部地方振興事務所 総務部 総務班 0229(91)0716 0229(91)0749 宮城県 北部地方振興事務所栗原地域事務所 総務部 総務班 0228(22)2121 0228(22)6284 宮城県 東部地方振興事務所 総務部 総務班 0225(95)1410 0225(22)8386 宮城県 東部地方振興事務所登米地域事務所 総務部 総務班 0220(22)6128 0220(22)8096 宮城県 気仙沼地方振興事務所 総務部 総務班 0226(24)2591 0226(23)8175 宮城県 経済商工観光部 産業立地推進課 指導調整班 022(211)2731 022(211)2739. (単位:年末時点の件数) 平成30年 前年(平成29年) 前年比 事業者数 2,195 2,216 マイナス0. その他の注意事項• その際、一定の知識及び能力をもつ採石業務管理者をその事務所に置くことが求められます。

宮城県内に本社又は本社がなくとも事務所(支店)がある場合は,その所在地を管轄する地方振興事務所になります。 採取計画の作成および変更に参画すること。

Next

関係法令• ケースによっては追加書類が必要な場合がありますので、事前に(企画調整担当、秩父環境管理事務所の場合は生活環境担当)にお問合せください。 採石業務管理者制度 採石業者は、その事務所ごとに採石業務管理者を置かなければなりません。

受験願書等に虚偽の記載をしたり、試験場で係員の指示に従わなかったり、その他不正行為があった場合には、受験を拒否し、退場を命じ、又は合格を取り消すことがあります。 受験・応募資格 性別、年齢、学歴及び実務経験の有無などの制限はありません。 6 添付書類• 採石業を行う場合には、その事務所に採石業務管理者を置かなければならない。

Next

このことは、岩石の採取に伴う災害の防止に関して必要な知識及び技能の向上を図り、採石業者の自主的な管理体制を強化促進させるためのものです。 提出書類 (1)届書 (2)添付書類• 業務管理者が不在となった場合は、不在となった日から2週間以内に新たに業務管理者を選任し、届出を行ってください。 業務管理者、業務担当役員の退職の場合は、添付書類は不要です。

Next