Chr モデル チェンジ。 C−HR(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

発売当初のラインアップは、車が1. また、1280mmと高めのアイポイント、Aピラーのスリム化、ドアミラーの取り付け位置の工夫などにより、優れた視認性が確保されています。 また、全グレードに装備される先進安全機能の名称を「Toyota Safety Sense P」から「」に変更している。

Next

メーカーオプションのリヤクロストラフィックオートブレーキやパノラミックビューモニターなどの安全装備、ディーラーオプションのナビキット、ETC代等を約20万円足すと、 「G」は約320万円、 「G-T」は約287万円となります。 ルーフと一体感あるデザインとなっているルーフスポイラーには、空力性能向上のためにも一部に穴があけられており、Cd値は約0. その他、ミドルサイズのクロスオーバーSUVとは言え、日産エクストレイル、マツダCX-5、同じトヨタのハリアーもC-HRにとってはユーザーの乗り換えを持ち込める存在と言えます。

ちなみに、各ガソリン車で比較すると、以下のようになります。 北米でラインナップしているは自然吸気の2. 期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。 まだまだ買いの1台 悪路の走破力を重視したオフロードSUVは、全般的にフルモデルチェンジの周期が長い。

Next

「G」または「G-T」と「S」または「S-T」の主な装備差は、以下のとおりです。 しかし、「緊急時操舵支援機能」は新型「ヤリス」にも搭載されていない機能で、内容としては歩行者との衝突回避操作時の車両安定性確保と車線逸脱抑制に寄与した装備となっています。 カローラスポーツとC-HR、そしてプリウスは兄弟車とも呼べる関係ですので、マイナーチェンジが施されたC-HRにも当然搭載されるものと思っていましたが、残念ながら搭載は見送られたようですね・・・ (プリウスも見てみましたが、こちらにもついていない?? 3兄弟の中では一番最初に発売されましたが、ひょっとして基本的なシステムの違いで後付が難しいのでしょうか??) ということで、私が見た残念ポイントは上記の通りです。

Next

あらゆるSUVよりも後発となるC-HRは、• TRDから超かっこいい C-HRラリー仕様カスタムパーツ発売予定。 スポーツブランド「GR」のモデルとなる「C-HR GRスポーツ」を設定。

Next

Gグレード以上からリアウィンカーの形状を変更し「シーケンシャルウインカー(流れるウィンカー)」を採用。 オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

Next

なお、デビューは2019年10月18日を予定。 プリウスでもそうだが、第二世代のToyota Safety Senseを是非採用してもらいたい。

Next

30万円もの価格差がある両グレードですが、エクステリアやインテリアの質感が大きく異なり、快適装備や安全装備差も少なくありません。

Next