保育 士 マスク。 幼稚園でのマスク着用について

(マスクは手作りマスクを使用)保育士に対しての評価の低さをしみじみ感じます。 政府は、医療従事者等の子どもを預かり、他は自粛としています。 そんな中、TVでは保育園で働く人間は医療従事者を差別していると毎日毎日責められました。

Next

厚労省も、自治体も、感染症対策を行った上で受け入れをと言っていますが、掛け声だけで現場を見ることも物資が届くこともありません。

また、政府全体で社会福祉施設に優先して布マスクを職員1人に1枚ですが、配布を始めています。 それなのに、こんな時でも、我が子に笑顔で接してくれて、ありがとうございます。 こんな時だからこそ、子供はうるさい、うるさいから仕事ができない、なんなら、仕事でもなく、大人の都合で保育園に預けるなんて、特に、こんなにリスクがあるのですから自分の子は自分達で守らなくては!という気持ちをもってほしいのです。

Next

その経験こそが自分育ちににもなる。 ままごと遊びも、虫探しもみーんな、くっついています。 なかにはマスクを寄付したり先生方に手作りマスクをプレゼントしたというママもいました。

Next

だからこそ、今このコロナが怖いんです。 同園は内閣府所管の企業主導型保育園で、市の認可園ではない。 通常業務をこなしながら、幼児食と大人の食事の準備、子供のおむつの世話、アクティビティへの対応をこの2ヶ月行いました。

Next

このような緊急事態が生じた際は、素早く休園措置をし、本当に必要な方に保育が行き届くような制度をつくります、と言ってほしかったです。 そんな時も、動きやすい服装だとサッと動いてけがを防ぐことができますよ。 現在の施設設置の最低基準に沿った保育室の広さ、定員では、昼寝の布団の間隔をあけることも、向き合わないで食事をすることも出来ません。

特に 4月は慣らし保育で泣いている子どもを抱っこしたり、新しいクラスになり子どもも落ち着かないので保育中は常に動いている状態に。 月齢差も考えたら0歳児は一対2人、1歳児は一対3人くらいじゃないと、回りません。 特別保育も1カ月が経つ頃、職員の体調不良が出だしました。