本 多 小児科。 「子どもに関わる多職種のための子ども虐待初期対応ガイド(第1版)」が日本小児保健協会より、「学校・教育委員会等向け虐待対応の手引き」が文部科学省より公開されました。

今後の活躍が大いに期待されるところである新会員について以下に簡単ですがご紹介をさせて頂きます。 そして、新しい医会員も9名と、昨年に引き続き多数の先生が加わり、教室の勢いもさらに増しています。 対象疾患と診療内容• 群馬大学小児科、群馬県立小児医療センターとはそれぞれの特性を生かし親密な関係を保ちながら群馬県全体の小児医療の中で当院の役割を果たすべく努力しています。

Next

脚筋は通常形成不全を呈し,四肢は管状で皺がないことが多い。 <神経> 外来では主にてんかんや痙攣性疾患、発達遅滞などの患者さんが通院されており、他に神経変性疾患、代謝性疾患などの神経難病、ミトコンドリア病などの神経筋疾患などの患者さんが受診されます。

Next

施設認定. さて、今年度は新しく10名の新会員が加入されました。

Next

ぜひ通読していただき,その上で機会あるごとに開いてほしい。 離乳食 クッキングスタジオ どうやって作るといいの?どんな食べ物をどのくらい食べさせたらいいの?味付けや硬さはどのくらい? 離乳食についての疑問を解決し、親子ともに楽しく離乳食を進めていきましょう。 呼吸機能検査 外来受診時に詳細な測定を行い、治療内容の決定に役立てます。

Next

先天代謝異常症• これまで研究者ごとに個別に行って参りましたが、大まかに二つの区分に分けて行います。 心の問題も低年齢化してきており,希死念慮,拒食などへの対応も参考になる。 小児科副医長• 長らく教室の大きな課題として、県内医療の再編・集約化がありますが、新しく大きな流れを作り出せるのではないかと期待するとともに、更なる努力をせねばならない時だと身の引き締まる思いでおります。

2014年度はこれまでにない試みとして外部の先生方による講演2回、同窓会総会当日も専門医セミナーを同時開催で予定しています。 病棟 新生児、血液腫瘍、総合の3つのグループは昨年同様ですが、大学外病院の臨床能力維持のための調整もあり、新生児の専門医師は大木先生と河野先生の2人に減り、後期研修の先生2人にお手伝いいただいて臨床の維持に努めています。 今までは主に大学病院で、半分くらいは一般小児科医として、残り半分くらいは新生児科医として、主にNICUでの新生児医療や退院した児のフォローアップなどを行っておりました。

研究成果は学会等で発表を予定していますが、その際も患者さまを特定できる個人情報は一切利用しません。

Next