長 時間 発酵 パン。 長時間発酵法のフランスパン

オーブンにパンを移動するための板(まな板、ピザピールなど)• これは窯入れ5~7分の間にパンが伸びてほしい為、イーストが活発に働く32~35度付近にもってくるようにします。 焼成時間は20〜25分を目安とする。

Next

カンパーニュは田舎風パンとも呼ばれるリーンなハード系のパンですが、低温発酵させることで発酵産物の特徴(バランス)に変化をつけることができます。 キッチンスケール(はかり)• 生地が押し戻って、指の跡が少し残る程度が発酵完了。

Next

) 焼き方 「コンベクション機能なし」オーブンの場合 1.予熱の設定は最高温度で。 詳しくは以下のレシピ動画を見てもらえるとわかりやすいと思います。

Next

30分オートリーズ(生地と水を合わせておくとグルテンがほぐれてのびやかな生地を作ることができる) 2. 3.ゆるくフタをして室温に1~2時間ほど放置。 しかし 食パンについては、しっかりと捏ねた方が綺麗に焼きあがりましたので食パンを作る時は捏ねの段階でしっかりとグルテン形成させておいてください。

Next

ガスが抜けてまた小さくなりますが、もう一度ひとまとめにまとめて、ボウルの中で二次発酵させます。

また、生地を手で触って確認することもできます。 2.温めた水を1.に加え、スパチュラで粉気がなくなるまで混ぜる。

このとき、イーストと塩が触れないようにするのがおすすめ。 発酵が一気に進むことがなく作業がしやすい 低温発酵パンはイーストを少なく配合します。