ロング デイズ ジャーニー。 『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ 』映画評:映像の魔術化、記憶の受肉化

自分の名前を、香港の有名女優と同じワン・チーウェンだと名乗った彼女。 今話題のキーワード• 人口多いですけども。 主演には、中国で将来有望と言われるタン・ウェイとホアン・ジエ その見事な演技で、作品の演出をさらに盛り上げています。

Next

また洞窟内の線路をトロッコで移動したり、ロープウェイで山頂から地上に降りたりする、左右や上下の移動も回転と同じく人を異次元に連れて行く仕掛けだ。 観るなら是非3Dで観ていただきたいです!!! 物語の部分ですが、なんかすごい詩的。 大沢伸一(音楽家)コメント 夢の中でさらに別の夢を見ているような、 ひんやりとした手触りの残る珍しい感覚の作品。

Next

「ロングデイズ・ジャーニー」 目次• 自分の過去を辿り迷宮の世界を彷徨う男を演じるのは、『長恨歌』のファン・ジエ。 後半60分に展開される3D・ワンシークエンスショット映像が話題となっている。

Next

後半のシーンには、その約半分を費やしています。 映画 ロングデイズ・ジャーニーこの夜の涯てへ 中国の新世代監督ビー・ガンの第2作。

Next

あらすじ ルオ・ホンウは、何年もの間距離を置いてきた故郷・凱里 かいり へ、父の死を機に帰還する。

Next

「1917」ももう一回観たい... 彼はその地で、マフィアに殺害された幼馴染みの白猫(パイマオ)や、自分を捨てて養蜂家の男と駆け落ちした母親との苦い思い出を蘇らせてゆく。 ルオ・ホンウは、何年もの間距離を置いてきた故郷・凱里へ、父の死を機に帰還する。 恐らく、この戯曲が持つ自己分析の観点と、その自己分析に対して観客を没入させるには? もし、中国映画にある種のイメージを持っている人がいたら、一旦それを忘れてほしい。

2018年・第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品。 『凱里ブルース』で注目を集めた中国の若き逸材ビー・ガン監督による 『ロングデイズジャーニー この夜の涯てへ』。 松本大洋(マンガ家)コメント 見憶えのある街並み、 懐かしい人々、 郷愁と革新が共存する美しい作品! 坂本龍一(音楽家)コメント この若い監督の才気走った映像に驚かされた。

Next