南海 トラフ 神奈川。 南海トラフ地震防災対策計画の作成について

水戸地方気象台のページです。 )において、南海トラフ巨大地震を対象として具体的な対策を進め、特に津波対策を中心として実行できる対策を速やかに強化していくことが重要との認識の下、当面取り組むべき対策等をとりまとめた中間報告を7月19 日に策定した。

Next

一方、宮崎県の沖合の日向灘では、陸側のプレートがずれ動く大きさは年間に3センチ前後で、体に揺れを感じないゆっくりとした地震によって、ひずみが解放されている可能性があるとしています。

Next

将来ある特定の地震が発生した際に生じる長周期地震動の揺れの強さや性質を予測した地図です。 <避難者>発生1週間後がピーク 想定される避難者は関東以西の四十都府県で最大九百五十万人。

Next

津波評価等• 市内最大震度5弱を想定。

更新日:2019年9月26日 「南海トラフ地震防災対策計画」の作成について 平成26年3月、本市は、南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法(以下「法」といいます。 1週間を基本• 香川県の地震・津波災害等の情報を閲覧することができます。

Next

「浸水が1mだから家の2階にいれば大丈夫」という考えは大きな間違いです。