テニス サーブ ルール。 テニスのルールコートや点数について

みなさんもテニスをプレイされる際は、紳士淑女の気分で優雅に楽しみましょうね!!. (2と4は入れ替わる可能性があります。 どう流行ったのかはわかりませんが、公式のやり方ではありませんので、その方法に関しての質問はやっている人に聞いてください。

Next

また、相手が迷わなくていいよう、「ボールいきます」といって渡すようにします。

Next

元々テニスは貴族や僧侶が手のひらでボールを打ち合って遊んでいたことが起源となっており、「ジュ・ド・ポーム」というスポーツでした。 サーブを選べばサーブ権を得る。

例えば、シングルスの試合で、以下のように、 選手の打ったボールが両サイドラインの間に入ったとします。 Q サーブが相手前衛にノーバウンドで当たった A サーバーのポイントになる サーバーが打ったボールがたとえサービスボックス内に入らないコースにいったとしても、前衛者にノーバウンドで当たってしまったら、サーバー側のポイントとなります。 さらに詳しくサーブのルールを知りたい場合は、以下の詳細編までどうぞお付き合いください。

Next

Q サーブを打ったのに、レシーバーが構えていなかった A レットとなりやり直しとなる レシーバーが構えていなかったり待ったのポーズをした場合は、いくらすごいサーブが入ったとしてもやり直しとなります。 プレーヤーの身体・着衣あるいは持ち物がボールに触れたとき。 公式戦でのコイントスは審判がやってくれるのですが、審判がない試合でのトス方法としてラケットトスというのが作られました。

Next

サーブのトスのルールはとても寛容 ほとんどの選手が頭上にトスをあげてサーブをしているので、もしやこのようにしないとルール違反なのでは?と思われる方もたくさんいらっしゃるとは思うのですが、実は、サーブのルールはとても寛容なのです。 サーブの助走を禁止する。 ダブルスでは、自分とパートナーの2人がボールを拾い、同時に相手サーバーに投げ返してしまうとサーバーは捕れずに困ってしまいます。

左の図は、最短でセットを奪えた時の例になり、みなさんもデュースなどが絡むと一気に複雑になってきます。 テニスのルールまとめ テニスをする上で、これだけは知っておきたいという最低限のルールをこの記事では書かせていただきました。 テニスのダブルスは奥が深くて、個々の技術のレベルが相手より低くても、作戦で勝つことができるのがおもしろいところです。

Next