宇野 誠一郎。 [人物]宇野誠一郎

音源(ステレオ録音)はセルフカバー版(歌 - ヤング・フレッシュ)で、歌い方が微妙に異なる。 第8話として放映されるはずだった「ニセ札で世界はまわる」• CDの時代に入って以降、宇野誠一郎のテレビ作品音源は長い間復刻が滞り、気軽に聴くことがむずかしい状態の曲が多く存在していたが、近年、作品集CDなども整いつつあり、今再び、その功績が評価されつつある。 幾つかの音声の一部はDVD-BOXに収録されている。

Next

主な歌手は、いくつかの宇野作品で歌唱を担当した。 外部リンク [ ]• いずれもOP映像は、ラストの提供クレジット部が番組タイトルに差し替えられ、サブタイトル表示部はブラックバックに話数とサブタイトルを記載したバージョンに差し替えられた。

Next

享年84歳であった。 『河北新報』1967年4月2日 - 4月29日付朝刊、テレビ欄。 2003年2月1日のNHK開局50周年記念番組『あなたとともに50年:今日はテレビの誕生日』には元気な姿で出演し、「ひょっこりひょうたん島」の思い出などをにこやかに語っていた宇野誠一郎だが、残念なことに2011年に心不全のため死去している。

Next

竜海仙人 ( りゅうかいせんにん ) -• しかし、次第にテレビの世界における音楽の在り方に疑問を持ち始め、興味は舞台音楽へと移行していった。 ムーミン 13. 続く『悟空の大冒険』(1967)、『ふしぎなメルモ』(1971)なども合わせ、手塚アニメ全盛期の音楽を冨田勲とともに支えただけでなく、新興フォーマットであった「テレビアニメ」の音楽のあり方そのものに対しても、雛型を提示し、礎を築いた音楽家なのである。 脚注 [ ] []• 本日で生誕90周年を迎えることになる。

Next

とはいえ、池内友次郎、齋藤秀雄、安部幸明、平尾貴四男らの名匠たちに作曲、指揮、管弦楽法などを学んだという十分すぎるほどの本格派であり、大学在学中から児童劇団への劇伴音楽の提供を始めるなど、早い時期から着実に作曲家としての経験を積み重ねている。 前述のCD、おかあさんといっしょが40周年を迎えた1999年に、それまでの40年間から300曲を選んで編んだものでしたが、これだけ集めると古いものの中には今では耳にすることもめったになくなってしまったものもたくさんあります。 美術監督 - 藤本四郎• 現在は「イージーリスニング・ステーション」(USEN)の選曲やCM音楽を中心とした発掘企画「TV AGE」シリーズの企画・監修に従事。

Next

ユーモアを湛えた元気のよい音楽は子供のテレビアニメに忘れ難い彩りを添えてくれていました。

宇野誠一郎もその一人。

Next