車庫 証明 代理。 代理人による車庫証明申請

警察署で車庫証明の必要書類を入手する場合は、だいたいの警察署では、1階の目のつくところに車庫証明の申請窓口があるかと思うので、「車庫証明の必要書類を下さい」と言えば必要書類を一式もらえます。

Next

万が一、そこで何らかのトラブルが発生すれば、またご質問下さい。 したがって、持ち帰って訂正印を押すことが不可欠です。 委任状も特に必要はなく、車庫証明を申請する人本人が申請書を記入して、身内や親族、家族などが変わりに警察署に提出することで車庫証明を取得することが出来ます。

Next

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

Next

んで実際に警察官が「間違い無い... 不備の内容にもよりますが、訂正が必要となった場合、申請書に押印したご本人(申請者)の印鑑でないと訂正をすることができません。 使用の本拠の位置が確認できるもの 警察署で、車庫証明を申請する際に確認のために「電気・ガス等の公共料金の領収書」、「消印のある郵便物」、「住民票」、「運転免許証」など自動車の使用の本拠の位置が確認できる物が必要となる場合があります。 窓口で不備を指摘された場合は 一度書類を持ち帰って申請者から訂正印をお借りした後、再度申請するといった余分な手間がかかることになります。

Next

また、申請はオンラインですが、受け取りは警察署窓口に行く必要があります。 手数料• まずはディーラーへ連絡してみましょう。

Next

しかし、万が一書類に誤りがあった場合は、代理人がその場で書類を訂正することはできません。 車庫証明書の申請に必要な書類の書き方 申請に必要な書類の書き方を簡単にご紹介します。 所有者は私です。

Next