ヘイト スピーチ 川崎 市。 川崎市施設にヘイト年賀状、市が被害届提出へ 警戒強化:朝日新聞デジタル

コメント欄には「社会で許さないようにしないと」「軽視しているとやがて現実に事件が起こりかねない」などの声も寄せられている。

他者の名誉を傷つける表現は認められるわけがないし、一方的な外国人排斥の発言が表現の自由の範囲内かと言われると、それは範囲外と判断すべきであろう。

Next

規範の「漠然不明確性」や「過度の広汎性」による権力の乱用の危険は、具体的思考レベルの議論において問うべきことであって、抽象的思考レベルの議論における問いの答えではありません。

川崎市は 7 月 8 日から 8月9日までの間、パブリックコメント(意見公募)を募集しています。

《同館は、これまでも日朝日韓関係のねじれなどがある度に、「朝鮮へ帰れ」との差別的脅迫電話がかかるなど、卑劣なヘイトスピーチ、ヘイトクライムの標的とされてきました》 《この脅迫葉書は、年始早々、「年賀状」という形式で、在日コリアン市民に対して虐殺を宣言して冷水を浴びせ、恐怖と孤立感、絶望の淵に叩き落とし、地域の分断、差別と暴力を煽動する極めて卑劣な行為です。 条例の効果では」 川崎市の差別禁止条例は公共の場で拡声器を使ったり、ビラを配布したりして日本以外の特定の国や地域の出身者に差別的な言動をすることを禁じた。 「すごく言葉を選んでいる。

Next

これを根拠に歴史問題などで表現の自由が委縮する事態になれば、誰が責任を取るのですか。

同法では基本的施策として「相談体制の整備「教育の充実等」「啓発活動等」が掲げられていますが、刑罰を設けることは書かれていません。 憲法94条 では法律の範囲内で条例を制定することができるとあります。 「 本邦外出身者に対する不当な差別的言動」は、いわゆるヘイト規制法によって「 専ら本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの(以下この条において「本邦外出身者」という。

Next

声明では、こうも指摘している。

Next