きゅうり プランター。 きゅうり支柱の長さは?プランター栽培でも支柱は必要か

親の介護の関係もあり最近、妹家族の近所の築40年の賃貸一軒家に引っ越してきました。 更に、夏野菜の中でも栽培期間が短いほうなので、苗の植え付けから40日程度ですぐに収穫ができます! なんといっても様々な場面で活躍してくれるキュウリですから、たくさん、美味しく育てたいですよね。 葉や茎に生えた毛茸や、葉の表面にある気孔から、空気中の水分を吸っています。

Next

誰が栽培しても枯れる実が必ずでてきますが、数が多いようなので、 よく観察して原因を突き止めてください。 植え付け前の準備として、市販のプランターに2~3㎝ほどウォータースペースを残して培養土を入れておくようにします。

ポットまき(9cm)は直径3cm、深さ1cmの穴を掘り、2、3粒を離してまいていきます。 土の表面が湿っている時や気温の高い日中に水を与えるのは控えましょう。 試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。

きゅうりは株がしっかりしてきたら、または、 植え付けしてから2週間ぐらいから1回目の追肥を行います。

結ぶことができたらプランターの底から水が出てくるぐらいまで水あげましましょう。 仮支柱はあくまで仮ですので、根を傷付けないように斜めに立てましょう。 梅雨明けまでは雨の日以外、毎朝たっぷり水やりをします。

オバナ咲いてから、だんだんメバナがなる『枝成り型(飛び成り型)』の2タイプです。 土の種類やプランターは、ホームセンターにたくさん売っています。 大きくなりすぎたり、曲がったり。

Next

植え付けまでの手順やポイントは以上となります。 スポンサーリンク 苗を植え付け、支柱立て 苗の植え付け方 1、まず用意した直径30㎝ほどの丸型プランターにプランターの上の淵から3センチの高さまで野菜専用培養土を入れます。 難易度が高くなる要因は、成長速度が速いから。

そのため誘引と呼ばれる作業が必要です。

Next