小数点 第 二 位 を 四捨五入。 【エクセル】書式設定で少数以下を四捨五入して表示させる方法

Round 2. しかし、その「四捨五入」の存在こそが、混乱の素だったりします。

9725」 の場合の結果 数値が負の値 「-48. 四捨五入に比べたら、間違いは少ないでしょう。

Next

5 > [数値]が「1. この問題では百の位の数は「4」なので、「4 以下」のグループに入ります。 setScale 2, RoundingMode. 例2:-2の場合、100の位 3番目の 【四捨五入or切り捨て】は、オプションなので指定しなくてもOKです。 out. 0になる。

Next

9」の小数部を除去した値 [数値]が「-1. 563」という数値を例にした、桁数と四捨五入する位の関係です。

Next

setScale 1, RoundingMode. では、次の章で実際に使ってみます! 解説で使うテーブル ROUND関数で解説で使うテーブルは、 【Test】テーブルです。 out. 以下はJava8 API仕様のBigDecimalクラスのsetScaleメソッドのリンクです。 四捨五入する百の位の数「7」に注目 四捨五入する位が分かったら、その位の数が、4以下(0, 1, 2, 3, 4)なのか、5以上(5, 6, 7, 8, 9)なのかを確認します。

Next

5(小数点第二位が6のため、四捨五入されて繰り上がっている) このように、数値や指定する桁数によっては、ROUND関数、ROUNDUP関数、ROUNDDOWN関数のそれぞれの結果が同じになることもあります。 しかし、数値が負(マイナス)の数値では表示される値が変わります。 println bd3. 内容はiPad、Excel、ショートカット、困ったを解決、デジカメ、安全対策など多岐にわたる。

Next

四捨五入がどのような場面で使われ、どのような意味があるのかお分かりいただけたでしょうか?それでは、四捨五入のやり方を学習しましょう! 2,473 の百の位を四捨五入せよ。 Excelと違って、INT関数を活用することで小数の処理を実現しました。 つまり、本試験になって問題文の前で、(アレー、以下ってどこで四捨五入するんだっけ?)などと、考えてはいけないという次第です。