パロキセチン 添付 文書。 添付文書

主に50歳以上を対象に実施された海外の疫学調査において、選択的セロトニン再取り込み阻害剤及び三環系抗うつ剤を含む抗うつ剤を投与された患者で、骨折のリスクが上昇したとの報告がある。

Next

パロキセチンの添付文書を見ると、適応疾患として次のような記載があります。 シメプレビル これらの薬剤の血中濃度を上昇させる可能性がある。 66] NC セルトラリン 50mg 1日1回 400mg 1日2回 100mg 1日2回 13 0. 9.本剤を投与された婦人が出産した新生児では先天異常のリスクが増加するとの報告があるので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人では、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合以外には投与しない。

パロキセチン塩酸塩とリスペリドンとの併用により、リスペリドン及び活性代謝物の血中濃度が約1. 71 注4) [0. 三環系抗うつ剤 アミトリプチリン塩酸塩、ノルトリプチリン塩酸塩、イミプラミン塩酸塩 [これら薬剤の作用が増強される恐れがある 本剤が肝臓の薬物代謝酵素CYP2D6を阻害することにより、患者によってはこれら薬剤の血中濃度が上昇する恐れがある 、イミプラミンとパロキセチン塩酸塩製剤の薬物相互作用試験において、併用投与により鎮静及び抗コリン作用の症状が報告されている パロキセチン塩酸塩製剤とイミプラミンとの併用により、イミプラミンのAUCが約1. 【禁忌(次の患者には投与しないこと)】• 1.重大な副作用(頻度不明)• しかし吐き気の副作用をよく見る。

Next

フレカイニド メキシレチン ロスバスタチン プラバスタチン ピタバスタチン これらの薬剤の血中濃度上昇により、横紋筋融解症が起こる可能性がある。 重篤な肝機能障害:肝不全、肝壊死、肝炎、黄疸等が現れることがあるので、必要に応じて肝機能検査を行い、異常が認められた場合には、投与を中止する等適切な処置を行う。 Prevention and Treatment 1 2 : Article 0002a. ダルナビル及びコビシスタットの薬物動態に関する検討(社内資料TMC114IFD1001)• シンバスタチン リポバス シンバスタチンの血中濃度上昇により、横紋筋融解症が起こる可能性がある。

Next

。 2.パニック障害。 67] シメプレビル ダルナビル及びコビシスタットとの併用投与時:50mg 1日1回 単独投与時:150mg 1日1回 800mg 1日1回 100mg 1日1回 25 注9) 1. 08] 0. (高齢者への投与) 高齢者では血中濃度が上昇する恐れがあるため、十分に注意しながら投与する。

Next

4倍増加したことが報告されている。

Next