りゅうおう の お しごと 12 巻 感想。 匿名係長ただの人 : りゅうおうのおしごと! 12巻 感想

挑戦者の月夜見坂燎と、タイトル保持者の供御飯万智。

Next

Posted by ブクログ 2020年02月22日 「もし、あいつの視点で書かれた物語なんてものがあったら、それはきっと……どんな壁でも努力で越えられるとかいう、さぞ希望に満ち溢れたお話なんでしょうね。 幼女キャラなんて天衣だけで十分というのが正直な所。

そんな矢先に「銀子を倒せる才能を持った幼女」が目の届く範囲に現れたのならば、鋼介はどうするでしょう。 でも,書いている本人は気づいていないんだ。

完全に余計なお世話ではありますが。

故にどちらかには消えて貰う意外に無い。

Next

夜叉神天衣がすぐに動けた理由 「九頭竜一門会議」では、 天ちゃんがどうしてここまで 八一に対して行動できるのか、 その理由が語られました。 と、ここまでは感想戦を読むまでの感想です。 だから今日も明日も明後日も…俺たちは将棋を指し続ける!」 「この命が続く限りいつまでも」. 今度こそ以上!お付き合いしていただいた方、お疲れ様でした。

Next

) 尚、 空銀子ちゃんは主人公の八一より年下なのですが、師匠に弟子入りしたのが数日だけ早かったため姉弟子という扱いになっています。 ギミックとしての利用とはいえ、本巻の最大の妙味である[主人公について]を語るに、あいは本筋と全くの無関係というわけではないのですから。 三段リーグで連敗を喫し、プロ入りが遠ざかってしまった銀子は自暴自棄になり、八一に「殺して」と懇願するなど、精神の均衡を失っていた。

Next

三段リーグは年に2回実施されるので、プロになれるのは年間でたった4人ということになります。 奨励会編のクライマックスではあるけれど、いまいち熱量不足。

Next