テニス グリップ 握り 方。 【フォアハンド】グリップ別の特徴を徹底比較!

ボレーやサービスでステップアップしたいのなら、コンチネンタルは必ず身につけたいグリップです。 操作性が重要となるボレーでは、フォアもバックも、コンチネンタルグリップで握り、握り変えずに打つことが基本となります。 非常に単純ですが、バックハンド側に握ったときのメリットは、バックハンドリターンが打ちやすい事です。

Next

グリップエンドから小指が少しはみ出るくらい長めに握った方が打ちやすい• 長所 ラケット面と手のひらの向きが同じになります。 両手で握る場合、片手バックに比べ、左手を主導して打つようにするために、右手よりも左手の握り方が重要になります。 スクールでたくさんの中年プレーヤーをみてきて思うことは、「グリップが薄すぎないか」ということ。

Next

正しい、間違っているではなく、それぞれの特性を活かせればベストですよね。 プレイスタイルがパワー重視の人やスピードのあるボールを打ちたいという人は、別の持ち方を試すのもありですね。

Next

こちらの記事では、ストロークの時の 4種類の握り方(グリップ)について詳しく画像とともにそれぞれの特性について説明します。 速いサーブをフォアハンド側に打ち込まれると準備が遅れてしまう可能性があります。 コートで 1人でも練習できますし、壁打ちでもできる練習です。

Next

とはいえ、個性は基本(=型)を身につけた上で、少しずつ出てくるもの。 親指と人差し指の間の部分が、フレーム及びグリップの左斜め45度に当たるかたちになります。 もっと言うと、プレーの最中に、状況に応じてグリップを少しズラして握る人もいます。

Next

握り変えずに、どちらもコンチネンタルで打つという方法もありますが、ある程度腕力が必要となるので、女性やジュニアにはあまり適さないです。 というわけで今回は以上になります。 スライスが打ちやすいです。

Next

反利き手(左手)の握り方の許容範囲は、地面にラケットを置き上から取った時の握り方であるイースタングリップです。 共通して言えることは 薄い握りの場合は、勢いのあるボールには弱いが、ラケット操作には優れている 厚い握りの場合は、勢いのあるボールには強いが、ラケット操作には不向き ということです。

Next