ファイザー コロナ ワクチン。 米ファイザー、コロナワクチン有効率95%確認

ファイザーの広報担当者によると、このワクチンが保管できる期間は超低温で最長6カ月間、病院で普通に入手可能な冷蔵庫のセ氏2-8度で5日間。 ファイザーは2カ月分の安全データもそろっているとしており、数日以内に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可(EUA)を申請する可能性がある。

年齢や性別、人種、持病の有無にかかわらず、同程度の有効性が示されたという。 介護施設の住民や介護者、80歳以上の高齢者、一部の医療従事者などを対象に、約80万回分のワクチンが最初の1週間で提供される予定だ。 ファイザーは、米FDAのワクチン委員会が12月にも開かれるとみられる会合で今回のデータを検証するとの見通しを示した。

Next

WHOテドロス事務局長「勇気づけられる」. 関連ニュース• 「2回めのワクチン接種後、気分が優れず38度近い熱と悪寒に襲われた。 また、mRNAを使ったワクチンは、カギとなるmRNAを変えることでほかのウイルスにも応用することができるとみられ、ワクチンの考え方を大きく変える可能性があるとされています。

Next

これについてワクチン開発に詳しい北里大学の中山哲夫特任教授は、ワクチンの性質などの詳しい情報が公開されておらず、評価は難しいとしたうえで、「2度から8度という温度は麻しんなどの生ワクチンを保管している温度なので、現場で使うことを考えると、いずれのワクチンもこの状態で数日間、安定性があるということは、使いやすいと思う。

Next

モデルナ社も9月下旬時点で、参加登録目標者3万人のうちすでに2万5千人以上を登録したという。

Next

以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 特に1回目の注射では、翌日に注射を受けた側の腕に鈍い痛みを感じた以外は、これといった副反応は感じなかった。

Next

専門家「長期の安全性や有効性 見極めはこれから」 アメリカの製薬会社、「モデルナ」が開発を進める新型コロナウイルスのワクチンについて、専門家は「長期の安全性や有効性はこれから見極めないといけない」として冷静に開発状況を見守るべきだとしています。 クリスマスの翌日に検査を受けたところ、陽性の判定が出たという。

Next