テセウス の 船 最終 回。 テセウスの船の真犯人、最終回の結末に批判も?賛否両論!ネットの反応まとめ!

母はその後、苦労して体を壊し死んだ。

父・文吾をはめた黒幕がついに明らかになったシリアスな展開を終え、現代の佐野家が一堂に集まった同シーン。 そして、12歳上の姉の鈴(白鳥玉季)と6歳上の兄の慎吾(番家天嵩)、父親が逮捕された時には、心は母親のお腹の中にいました。

Next

由紀は?娘の未来はどうしてる? ねこまろ 由紀が生きてる 由紀の実家を訪ねると、由紀の両親は心のことを知らないと言い、 由紀は週刊誌の記者として、31年前の文吾の事件を調べていました。

知っているのは、佐野文吾ただ一人。 幼少の頃 音臼小学校に転校してきたみきおは、隣の席になった鈴に一目惚れしていたのだ。 木村ミキオは、小学生の時に音臼村へ転向してきて、同じクラスの佐野鈴を好きになり、佐野鈴を自分だけの物にしたいと思うようになった。

Next

記憶には澤部だけ残って終わってしまった。

校長に、お泊り会の中止を文吾が伝えるとやっと受け入れてくれた。 まぁそのおかげで?未来は無事に文吾が犯人ではない世界になりました。

Next

そのとき、子供達が加藤ミキオから貰った粉末ジュースを水に入れて飲もうとしていたので、田村心は飲み物を取り上げ、何も口にしないように命じた。

Next

その後、 家から青酸カリが見つかったため、父親の文吾が逮捕されました。

Next