麒麟 が くる 土岐。 光秀史、今こそたどる 大河ドラマ特別展「麒麟がくる」

深芳野も生き抜くために必死だったのかな。

頼芸公は、家臣の西村勘九郎(齋藤道三の父)の支持を受け、兄・ 頼武 ( よりたけ )を破り美濃守護となりました。 本像には「願主 源頼幸」「延文二年」などの文字が記され、延文2年(1357)に源頼幸(小里頼幸)なる人物によって奉納されたことが知られる。

藤右衛門広忠は光秀の伯父である。 本当は誰の子供であったのか、深芳野のみが知っていたハズです。

Next

歴代当主も風流人としての側面を輝かせる人物が多かった。

Next

4、光秀の伯父 おじ は、妻木広忠 江戸幕府が編纂した『寛永家譜』や『寛政重修諸家譜』に 「天正十年、明智日向守光秀滅亡のとき、藤右衛門江州坂本西鏡寺におゐて自害す。 家康から近江の野洲(やす)郡に500石を与えられていたので食うには困らなかったし、氏真は風流・文化では一流の人材だったようなので、お公家サンには人気があっただろう。 法名宗真。

Next

江戸時代における「今川家中興の祖」と呼ばれた。 こうして美濃の守護の座を得た頼芸でしたが、統治能力はなく、権力の安定のために重用したはずの「マムシ」利政にいいように操られていきます。

Next