赤ちゃん コップ 飲み 練習。 《赤ちゃんのコップ飲み虎の巻》保育士おすすめの練習方法とは?

大人にとっては普通のことでも、赤ちゃんからしたら、コップを斜めに傾けるということが分からない場合も多いですよね。 しかし、ストローで飲めなければ、スパウトや哺乳瓶で飲むという方法もあります。 保育園ではおやつの時間にコップに飲み物を注ぐことが多いからです。

「コップに慣れてきたら『飲んでみようか』と『飲ませてくれる?』などと声をかけたりして、飲むことに興味を持たせるのもいいですね。

Next

自分がコップを使っている姿を見せる 赤ちゃんは大人がしていることをマネしたがります。 身体が大きい場合や持つのが上手な場合は最初からコップサイズでもOK。

Next

一度コツをつかむとぐーんと上手になるので、1歳を過ぎている場合は1日でマスターする場合もあります。 真夏の外出時にも活躍する機能がうれしいですね。 最初はスプーン1~2杯とお伝えしましたが、少しずつ増やしていきましょう。

普通のコップに比べるとこぼれる量ははるかに少ないですが、水分がたくさん入った状態で倒したり、マグを持って振り回したりすると、やはり吸い口部分の隙間からこぼれてしまいます。 保育園でも給食を食べる子は0歳児でもコップを使っています。 失敗してもお掃除ラクなマグの中身 マグの中身はお茶かお水にしましょう。

たとえば赤ちゃんならそこまで大量にお茶などを飲んだりしないですよね。 成功したほうが「飲めた!」という満足感を得る効果もあります。

Next

しかし、スムーズに進まない時も決して責めないように注意してくださいね。 お食事の際やおうちで使う練習用のこぼれないコップなので、デメリットを言えばお出かけの際は中身を入れての持ち歩きは不向きということ。

Next

ミニサイズの乳酸菌飲料の空き容器も、ほどよい大きさと軽さが小さな手にも持ちやすく、練習のスタートにおすすめです。 出典: シンプルだけど、飲みやすさ抜群の高機能なコップ。 中には度々こぼされてしまってイライラしてしまうママもいるかもしれません。

Next