終わり の セラフ アニメ 2 期。 NEWS

4ヶ月後の描写もありましたが、これから新たに始まる闘いの前触れといった感じで、エンディングを迎えました。 栄とは幼馴染。 口論の末、深夜は任務を放棄すると宣言する。

〈終わりのセラフ〉の被験体の1人にして、第五ラッパの宿主である〈第五のラッパ吹き〉。 名門・五士家の長男。

1年に3巻から4巻発売されていますので、 原作のストックがたまるまであと1年はかかりそうです。 「柊深夜、五士典人、十条美十、花依小百合、雪見時雨」 ・その代償として「世界中の人間がウィルスで死んだ」 ・その罪と罰に憑りつかれているグレン。

百夜優一郎は、家族同然の絆を持つ百夜ミカエラら孤児たちと、吸血鬼に血を捧げることで生きていた。

グレンを救うため、鬼呪装備本来の力を引き出す薬に手を出した優一郎。 だが、天使の力により生かされていると阿朱羅丸は優一郎に告げる。 何らかの目的のために優一郎を利用しており、その点をシノアに怪しまれている。

Next

大阪到着後、拷問にかけられたクルルとフェリドの救出及び拷問官役の第五位始祖キ・ルク討伐を目論み、フェリド救出には成功するもクルル救出とルク討伐には失敗する。 行く手には、優一郎を求めて向かってくるミカエラの姿が。 黒く染まった左目から血のようなものを流し、背中に禍々しい翼のようなものを生やし、圧倒的な力で暴走し始めたのです。

Next

グレンが高校時代に真昼に無理矢理与えられた。 OP1. そして自身の監視係である柊シノアが率いる『シノア隊』としてチームを組むことに。

Next

暮人の秘書を務める葵とは実の姉妹だが、「無能」と評されており、冷たい態度を取られている。