弱め 界磁制御。 PMSM の弱め界磁制御

交流専用車である初期の新幹線0系などでも711系同様弱界磁制御は行っていない。

この為やなど積極的に採用した大手私鉄もある一方、国鉄やなど運転距離が長い鉄道会社からは敬遠された。

Next

通路までは作らないが・・ 運転席正面の機器の配置はこんな感じ。 この回路に流れる電流をチョッパ制御することにより、界磁の逆起電力を制御し、弱め界磁制御や回生ブレーキの使用を可能にしている。

Next

スイスでは抑速電制が必需に見えるが、電化の最初は車輪の力でピストンを動かして制動するシリンダーブレーキで勾配を降りたという。

これに対し電機子チョッパ制御では、力行時の降圧チョッパ回路を、低い電圧を高くする 昇圧チョッパに組み替えることが可能であり、低速時の起電力が低い場合でも電圧を上げて架線に戻すことが可能となった。 こので直巻電動機を駆動する手法は、電圧の制御に損失が伴う課題を抱えているものの、変圧器や整流器が不要であり、構造が簡便かつ安い製造費用で構成できる利点を有していた。 24 平田市 上の写真の反対側。

Next

また、電機子に生じる逆起電力も回転によって極性が切り替わる。 概要 電気による車両の駆動を行う際に、そのまま電源とつないでしまうとモーターの回転速度と流れる電流が反比例する性質により過電流が流れ、電気系統やモーターそのものが過熱やそれに伴う火災を起こし、またモーターの特性上強烈な駆動力がいきなりかかるため車輪の、ひいては駆動系の破損や破壊を起こすため起動時に電流を制限する必要がある。

Next

これは2軸を1モータで駆動するメカニズムが複雑なため、50年近くたって考えるとこれほど長く使うならパイロットモータを2個用いたほうが好ましかったと思う。 これによって交流電源のとは異なるを生じ、やなどの地上設備に有害なを引き起こすことがある。