イニエスタ ドキュメンタリー。 イニエスタ「ラ・マシアは私の全てであり象徴」(extra.ostsee-zeitung.de スポルト)

1時間26分のドキュメンタリーで、それにまつわる描写が15分近くも続くのは、それだけ彼の見た闇が深かったからだろう。

家族の中でとても自然な環境の中で、僕らは殆ど一年以上、制作に時間をかけて制作し、その甲斐があって、そのままの僕らを表現することができたと思うよ」 「僕の人生にとって大切な、僕が好きな多くの人が参加している。 アンドレス・イニエスタについて悪く言う人を探すのは、干し草の山から縫い針を見つけ出すくらいに難しい。

Next

また同選手だけではなく、リオネル・メッシ、ネイマール、ルイス・スアレス、ジョゼップ・グアルディオラ、シャビなど世界的に有名なサッカー関係者たちが語るメッセージも収録。 同作では、同選手のFCバルセロナ下部組織所属時代から、スペイン代表の2010年南アフリカワールドカップ優勝およびバルセロナのトップチーム時代、ヴィッセル神戸への衝撃的な加入までを収めているとのこと。 帰国後は今回帯同しなかったメッシやルイス・スアレスらと合流し、8月中旬のラ・リーガ開幕に向けて調整に励む。

Next

欧州、アメリカ、東南アジアでも楽天の動画配信サービスで展開される。 イニエスタは22日、自身のツイッターで「僕の人生にとって最も特別な人、君との思い出を振り返れたことは、とても貴重な経験でした」と仲間へ感謝の思いを語っている。

Next

その間、時に僕らが手にすることができない家族との時間を大切にして、新しい何かを見つけ出そうとしているよ」 「神戸は、とても静かで、居心地がよく、作りがバルセロナに似ているように感じているし、とてもよく受け入れてくれたよ。 本作は、FCバルセロナの下部組織(カンテラ)であるラ・マシアから、母国を2010年FIFAワールドカップ優勝に導くなど数々のプレーで圧倒的な名声を得た、スペインおよびFCバルセロナ時代、そして神戸への加入までイニエスタの人生と経歴に焦点をあてている。 「僕は一目ぼれで、彼女は徐々に」と説明し、18年の来日後は「唯一足りなかった家族での時間ができた」とし、神戸市内で充実した生活を楽しむ姿も紹介された。

Next

そのプレーの一つひとつに楽しさと喜びが溢れているのは、のしかかるプレッシャーと上手く付き合う方法を、解き放つ術を、苦しみながらも身に付けたからに違いない。 一時は当時25歳の立派な大人が、両親と一緒でなければ眠れないほど精神状態は不安定になったという。

「アンドレスは特別な存在。 また、リオネル・メッシ、ネイマール、ルイス・スアレス選手、ジョゼップ・グアルディオラ氏、シャビ氏など世界的に有名なサッカー関係者たちが語るメッセージも収録されているという。

Next